基地ガイド

ブルーインパルスや戦闘機を見に行くときは、基地へのアクセスや航空祭情報をここでチェック!

運営者プロフィール

こんにちは!

当サイトを運営している、たかっかです。

img_0271

小学2年生の時にスーパーファミコン版の「信長の野望 武将風雲録」、4年生の時に「提督の決断(初代)」にハマり、そこから僕のミリタリー好きとしての人生が始まりました。

中学で航空祭デビュー

航空祭デビューは中学3年生の時で、1998年の入間基地航空祭でした。…気付けばもう20年近くになるのかw

当時はブルーインパルスがカラースモークを使っていたり、まだT-33Aが現役で展示飛行をしていました。

※これは一般向けにデジカメが普及し始めた頃、カシオのQV-30という25万画素(!)のデジカメで撮影した写真です。

1998iruma

高校時代はサバイバルゲームとPCゲームのオンライン対戦に明け暮れていて、あまり航空祭に行ったりはしなかったですね。

初めて富士総合火力演習に行ったのは高校生の時だったかな??

大学時代は月2回ペースで基地巡り

大学に入り、デジカメも中古で購入したパナソニックのLUMIX DMC-FZ1に進化。

この頃から、イベントだけでなく普段の基地を見に行くようになりました。

学生時代の後半になるとエアバンドレシーバーも購入し、軍用機だけでなく民間の旅客機も見に羽田空港や成田空港にもずいぶん行きました。

今はなき日本エアシステムのレインボージェットや、JALの旧旧塗装のB747-400Dなど懐かしい機体が並んでます。

p1000067

2004年は航空自衛隊の創隊50周年という年で、カラフルな特別塗装機が勢揃い。

…忘れもしない、「百里の悪夢」もこの年でした。

rf4-50th

さらには、空自だけでなく陸自・海自のイベントにも行くようになりました。

卒業直前に初めての一眼レフ、EOS Kiss Digital Nを購入。

コンデジとの画質の差に衝撃を受けました。当時からRAW形式で撮影していたので、実はこの頃の写真も数多くこのサイトで利用しています。

img_0247

就職先も防衛産業。役得で多数のイベントを見学。

この趣味の影響で、就職活動も「ナントカ重工」みたいな会社ばかりを受け、とある造船会社に入社。

念願叶って防衛省を担当する部署に配属され、航空観閲式や総合火力演習のチケットもだいぶ入手しやすい、ミリタリーマニアにとっては天国のような仕事でした(笑)

img_7422

そして、役得でSH-60Jに乗せてもらっちゃったことも。

sh60-flight

社会人になってからは岩国や新田原など、遠くの航空祭にも遠征するようになりました。

2009年にはアメリカ・ネリス基地のエアショーへ。初めてのエアショー目的の海外旅行でしたが、米空軍サンダーバーズの本拠地で「百里の悪夢」の雪辱を果たしましたw

img_1681

Web系の仕事経験を活かして、このサイトを設立

今は防衛業界から離れ、独立してWeb系の仕事をしていますが、これまでのミリタリー系の経験とWebの知識を活かしてこのサイトを立ち上げました。

世の中に情報量が豊富な詳しいサイトはたくさんありますが、初心者でも分かる&全国の情報が網羅されているサイトがないと感じていたので、そこをカバーできる内容を目指しています。

どうぞ、お楽しみください!